学校法人 髙村育英会
姉妹校

1981年

医療界からの要請を受け、国際観光専門学校名古屋校・熱海校に医療秘書学科、名古屋校に日本で初の病院管理学科を設置。
本校常任顧問として故・落合勝一郎先生(国際病院連盟常任理事)就任。

1982年

医療秘書学科・病院管理学科を独立し、国際医療管理専門学校名古屋校・熱海校を開校。
病院実習を2年生全員に実施。以後本校の大きな特色の一つとなる。

1983年

国際医療管理専門学校東京校を開校。
日本病院会B会員となる。

1984年

国際モダン・ホスピタルショーに日本病院会会員校として参加。
医事コンピュータルームを各校に設置。

1985年

日本病院会診療録管理士2年次編入試験の受験可能校となる。
第1回ハワイ病院視察旅行を実施。

1986年

創設期の医療界に献身的にご尽力、多年に亘り輝かしい業績を残された本校常任顧問・落合勝一郎先生急逝。

1988年

日本病院会診療情報管理士の資格を得るために、診療情報管理コースを名古屋校と東京校に開設。
第1回医療秘書検定実施(医療秘書教育全国協議会)

1990年

国際医療管理専門学校浜松校を開校。

1992年

国際医療管理専門学校を創立し、医療人養成の為の教育に情熱を注いでこられた田中卓郎先生急逝。

1994年

国際病院連盟汎地域会議(1994 IHF)に東京校の学生が招待される。

1995年

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校にて、アメリカ医療管理研修セミナーを実施。
文部科学省「専門士」称号付与認定校となる。

1997年

東京校に医療福祉コース、熱海校に医療サービスコースを開設。

1998年

診療情報管理コース(東京校)のための病歴室実習を本格的に実施。
日本診療録管理学会において、専門学校生としては初めて本校学生が研究発表を行う。

1999

名古屋校に最新の医事コンピュータを導入する。

2000年

厚生労働省・雇用能力開発機構就職促進訓練教育機関校となる。

2002

厚生労働省・雇用能力開発機構緊急再就職等訓練校として、「医療事務・医事コンピュータ専攻科」がスタート。
名古屋校・熱海校、創立20周年を迎える。

2003年

厚生労働省・職業能力開発局、愛知県専修学校各種学校連合会の委託をうけて、サービス分野講習「医療・福祉コース」を実施。
東京校、創立20周年を迎える。

2005年

学校法人「髙村育英会」発足。

2006年

名古屋校に中部地区初の病院実習と授業を組み合わせた医療事務・医事コンピュータ学科デュアルコースを設置。

2009年

名古屋校・東京校に、医薬品登録販売者デュアル学科を設置。

2010年

浜松校、創立20周年を迎える。
東京校、国際デュアルビジネス専門学校に名称変更する。

2012年

名古屋校・熱海校、創立30周年を迎える。

2015年

学校法人「髙村育英会」設立10周年を迎える。